2009年07月02日

MW−ムウ−第0章〜悪魔のゲーム〜

 折りしも隆志が育った養護施設が財政難により閉鎖されようとしていた。隆志の幼馴染のゆかり(谷村美月)は、子供たちがバラバラになるのをさけようと、必死に施設存続のために働いていた。
自分のお金で養護施設を再開できれば・・・。心配するゆかりをよそに、隆志は仕事にのめりこんで行く。

 この腐った世の中を変えよう、という結城の言葉に魅せられる隆志。結城の明晰な頭脳、冷静な判断、確信に満ちた言葉は、隆志を罪だと知りつつも新しい価値観を作っているような気にさせた。
結城のいう本当の仕事、それは、ヤミ献金や収賄の金など表に出ない金を奪うことだった。「ただ、胸を張って家に帰りたいだけなんです」

 一方、隆志がどこからか用意したお金で施設を買い戻したことを知ったゆかりは不安にかられる。そして、寄せられた差出人不明の多額の寄付。警察からの問い合わせの理由を隆志に詰め寄るゆかり。だが、隆志は大丈夫の一点ばりだ。結城の次のターゲットには、隆志の出生の秘密が絡んでいるらしい。命じられるまま、隆志は自らの出生の秘密を探し始める。そして浮かび上がった過去の殺人事件。口を閉ざす関係者と消された記録。見え隠れする巨大な陰謀。

【Mega】
【Pandora】

posted by ムウ at 22:06| Comment(0) | MW -ムウ- 第0章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本最大のe-Book書店 インフォトップ 売れ筋ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。